オペラ座の怪人@名古屋ミュージカル劇場

最後にミュージカル観たのなんてもう五年くらい前になってしまったけど、今名古屋で上演してる「オペラ座の怪人」を観に行くことができました!

ファントムは昔学生時代にロンドンでオリジナル公演を観て、その後日本で劇団四季を観て、四季のCDを持ってて、とかなり好きなミュージカルの一つ。初めて夫と観たのもファントムだった。今回現地に着くまで夫には何も言わず秘密にしてたので、夫も久しぶりの観劇サプライズに喜んでた。よかった!

しかし私も30代になって、10年以上前に観たときと大分感じることが変わったなと思った。視点が主婦目線というか、中高年目線になってる。笑

クリスティーヌというキャラクターに対して思ったのは、子どもだな。と。この子子どもだよね。めっちゃ子どもだよね。昔は単に揉まれるヒロインだったんだけど、今観ると”まだ子どもであるクリスティーヌに振り回される大人たち”というのが「オペラ座の怪人」でいいのではないでしょうかと思いました。笑 ※私個人の感想です。

子どもだからこそ人の仮面もいきなり取るし(いきなり取るか普通)、一応プロの歌手デビューしてるのに歌えと言われて「イヤッ」とまる子ダッシュするし、ファントムに簡単に陶酔するしそうかと思えば王子ラウルが現れると「この孤独から救い出して」とか言うし…お前寝るとき見守られてるの感じてたろ!歌教わってたろ!ですよ。でも調子がいいというわけではなく、単に幼いという感じ。早くに大好きな父親を亡くしたので父親に代わる庇護者を求め続けてるから言ってることも「導いて」とか「光になって照らして」とか主体性が最後までない。だからたぶんラウルがクリスティーヌを恋してるのと同じようにはクリスティーヌは恋してない。一方ファントムはラウルのように女性としてのクリスティーヌを求めてるわけではなく、自分の求める芸術を最高の形にするためにクリスティーヌは欠かせぬ存在で、むしろ歌わないクリスティーヌはありえない。ラウルはクリスティーヌが歌おうが歌わまいがどっちでもいいと思うけどファントムは歌うクリスティーヌが何より大切で。その気持ちはもう手を出しちゃならない崇拝に近いようなものに見える。大切な存在だから仮面を二回取られても許しちゃう。

で、ラウルもまともな若者で、再会に運命感じてるあたりなんか一番乙女なんじゃないかと思うけどクリスティーヌへの気持ちはぶれないし態度も一貫している。告白もちゃんとする。(なのに「婚約は秘密にして」とか「今にわかる」とかわけワカメなこと言われてかわいそう…友だちだったら「その女やめとけよ」って言うよ。。)

支配人二人はオペラの出来よりは金勘定に興味がある俗物だけど経営者としては至極当然の大人。でも開演直前までクリスティーヌが歌ってくれるかわからなくてあたふたしなくちゃいけない。他にマダムジリーもカルロッタも、クリスティーヌの周りは主張が一貫している大人だらけなのに彼らがクリスティーヌの幼さゆえのぶれに大いに振り回されるというような話に見えた。二十代の私に「違う!!!」と怒鳴られそうだけど。

あとはみんな上手い!カルロッタも素晴らしかった。カルロッタの歌がくどければくどいほどクリスティーヌの清純さが引き立つという大切な役回りなので、第一幕のオペラのシーンからわくわく待ち遠しかった。期待を裏切らずクスリと笑いが漏れるほどやり過ぎ感のある歌声とコミカルな演技はすごい存在感。クリスティーヌの代役はいてもカルロッタの代役はいなさそうだ。支配人二人も交えた「プリマ・ドンナ」もブラビー!(女性なので) 「おーろかものめ」の蛙声もブラビー!

あと何よりファントムの高井治さんの歌声は素晴らしかった。外国のファントムみたいに表情豊かで細かい挙動で魅せてくるというよりは淡々とあまり感情を出さないファントムだったが、包み込むような歌声が演出上劇場の四方八方から聞こえてくるのはクリスティーヌじゃなくてもうっとりする。特に怒りを帯びたときの迫力は鳥肌が立った。ギリギリと嚙み締める歯とか浮き立つ血管とか感じらて生身の怒りという感じ。

これほどの辱めを

決して許しはしないぞ

一番好きなシーンです!

さて、今回実感したのは、生の観劇で得るものは多いということ。劇なんては後に何も残らないからもったいないと思い始めたら一万円なんて払ってられないけど、劇場を出たあとも胸いっぱいに渦巻く感情の洪水はお金に換算できない。頭の中を劇中歌をリフレインしながら、しっちゃかめっちゃか思い出したそばから細かな気づきを一緒に観た人とぶつけ合ってると、上手く言えないけど自分の世界ぎ一回りもふた回りも広くなったような、それなのに中身ぎっしり満ち足りた気持ちになってくる。私はこんなによそのことで感動する力が残っているのか、と。ミュージカル一本観てあれやこれや話してCDを何回も何回もリピートする、それだけのことだけどそれ自体がすごく好きで仕方ない。うちは子どもがいるから誰か一人体調崩したら行くのを止めるしかないというリスキーな状態だけどまた行けてよかった。

ほんと言うと三ヶ月くらい前のある夜、ふと自分がミュージカル好きだったことを思い出してぞっとした。あんなに好きだったのに、好きだった事自体を忘れていた。代わりに何を自分に詰め込んでいたのか、と思うと日々のタスク周りのネガティブなことが多くて、そりゃ鬱っぽくなるわと思った。子どもがいる人にとって観劇というのは決して簡単な趣味じゃないけど、絶対無理というわけではなく上手く段取りすれば今回みたいに達成することができる。無理と決めつけず好きなことで人生を埋めていきたい。

毎日何してるのか

一年近く記録してなかったー全く自分の継続性のなさといったらホント自信持って確実にうそではないと言える数少ない真実ですよ。
娘が生まれて早1年半、最近は毎日30度超えの中一生懸命娘を追いかけています。
こないだ口さがない友人と世間話していて「毎日何してるのかねー」というお話の中で何も考えずに口から出たこと、あらその通りだと思ったのは

I’m trying so hard to make her exhausted everyday.

こんなわざわざそのまま書くほどのことではないですが。
「毎日いかに娘を疲れさせられるかがんばってる」(日本語ですっと言えないな)です。

大人になったらなるべく疲れないように努めてしまうものだけど、子どもにはどんどん体を動かして果敢に外の世界に飛び込んで毎日寝るころにはぐったり疲れていてほしい。

IMG_8095

東テネシーの英雄、ドリー

最近読んだ本で感銘を受けたので。
歌手、女優のドリー・パートンを知っていますか?

dolly

“You’d be surprised how much it costs to make a person look this cheap!” -Dolly Parton

金髪に派手なメイキャップ、今時どこで買うのかというボディコンファッション、そして何より目を引く人工的なboobs(おっぱい
「人は見かけが九割」の原則に従うなら全く大した人物には見えないはずの人工的なルックスなのだが、ドリーに関しては「人は見かけで判断してはいけない」の教訓の方が正しいと言える。

ドリーは東テネシーの英雄とも言っていいほど地域の人々に崇拝されてちる人物で、同時に全米でもQueen of Countryと呼ばれるカントリー歌手の大物であり、The Book Ladyと呼ばれる教育啓蒙者でもあるのだ。

ドリーが生まれたのはスモーキーマウンテンのふもと、Seviervilleという小さな村。十二人の子どものうちの一人だった。敬虔なキリスト教徒である両親とのちに歌手になるきっかけを与える叔父、兄弟たちに囲まれて育ち、いつの日かカントリーの本場ナッシュビルでスターになることを夢見て強靭な意思でその夢を叶えた。歌手としても多くのヒットを飛ばし、女優としても名を残した。南部の暮らしに興味があるならぜひお勧めしたい映画「Steel Magnorias」(邦題「マグノリアの花たち」ジュリア・ロバーツも出演)は南部の小さな町を舞台に病と戦う強い女性たちを描いた名作。ドリーも重要な役どころで出演している。
それにホイットニー・ヒューストンが歌ってヒットしたI Will Always Live You(映画「ボディーガード」の主題歌。私も子供の頃満員の映画館に見に行った)は実はドリーが作詞作曲したものだ。

Dolly版のI Will Always Love You

ホイットニー版と全然違う。この曲カントリーだったんだなーと思う。

ドリーのすごいところは、このように歌手、女優として大成功を収め巨額の収入を得ておきながら地元を忘れなかったことだ。
ドリーの生まれたスモーキーのテネシー側は、今でこそドリーが設立した遊園地DollywoodやDixie Stampieのおかげで潤ってはいるが(それでも世帯所得は全米の平均より低い)その当時、1960年頃は本当に何もなかった。ただ農家が集った小さな集落で、どの家庭も大人は働き詰めで子どもへの教育もそこそこにぎりぎりで生活しているような状態だった。現にドリーの父親は2001年に亡くなったが、読み書きができなかったという。(21世紀のアメリカで、読み書きできないという人がいることに私はショックを受けた)

ドリー自身は高校を出てから歌手になったが、農家の子どもがどうせ家業を継ぐから高校をドロップアウトしてしまう現状を打開しようと、高校を卒業したら五百ドルをあげると高校生に約束し、その結果その年から急激に卒業率があがったという。ちなみにそのギフトは今でも続いている。卒業したら賞金をくれる、そんなセレブリティがいるだろうか?(著書「Dream More」の中でドリーはこのことについて「彼ら(高校生)のことを気にしている人がいると知る、それが彼らにとって力になる」と書いている。この本についてはもっと紹介したいが長くなるので省く)

識字率も低く収入が安定しない、そういったPoor White(白人貧困層)が多い地域の出身だったドリーは色々と思うところがあったんだと思う。中でも彼女が最も気にかけるのが子ども。子どもたちの想像力:イマジネーションを養ってもらおうとドリーが始めたのがImagination Library。
Dolly Parton’s Imagination Library
これは該当地区で子どもが生まれたその日から五歳になるまで毎月一冊の絵本が自宅に届くというプログラム。私も登録したので毎月届き始めた。国籍は問わず、単にWebか手紙で住所などを登録すればいいだけ。農家などは絵本自体にアクセスがない子どもが多いと気づいたドリーが始めたこのプログラムは今では全米、カナダ、そしてイギリスにも行き渡っている。

第一冊目はThe Little Engine That Could
邦題「ちびっこきかんしゃだいじょうぶ」

20130515-154311.jpg
右側についている丸いマークがイマジネーションライブラリーのマークで、絵本をめくると最初のページにドリーからのメッセージが書いてある。

20130515-154318.jpg

このイマジネーションライブラリーが、あなたの夢を叶えるための翼となりますように。

この絵本も本当にいい話で。泣いたね。ドリーほんとすごい、と。これだけ子どものことを、他者のことを考えてくれてるのかと。
娘が生後一カ月のときに届いたので月齢に見合った本ではないのだが、娘もそのうち読むことができるようになるだろう。私たちがテネシーにいる限りこれから毎月届く絵本はその後も娘の宝物になるだろうし、ドリーの想い「夢を持ち、叶える力」を養うための大きな力になるだろうと思う。
ドリーは誰もが尊敬するテネシーの英雄なのだ。

20130515-155143.jpg

本屋で見つけたドリーのポップ。

超尊敬してます!

国際復興壁新聞

久々の更新となってしまいました。
娘も4カ月になり、同じような日々を送っているつもりでふと一か月前の写真を見直して娘の変貌(成長)ぶりに驚く、ということを飽きもせず何回も繰り返しています。

年末に、釜石市が主催している国際復興壁新聞というプロジェクトに参加させて頂きました。
私が友人と復興支援のサイレントオークションやベークセールをやっていたのを知った方が、常々ご自身でやりたいと思っていたこの壁新聞の話を持ってきてくれました。
どんなプロジェクトかというは直接釜石市のHPのそれぞれの壁新聞(PDF)を見てもらえばわかると思いますが、海外に住む日本人がそれぞれの暮らしぶりやメッセージを綴ったものです。これらが釜石市の仮設住宅や学校など、地域の掲示板に貼りだされるそうですよ。

国際復興壁新聞「みらい」 – 釜石市

私が作成したのは第12号でクリスマスっぽいやつです。
昨年震災1周年のときにやったベークセールの記事も載せましたのでぜひ見てみてください。
今のところフランス、アメリカ、そして日本の各地から届いているようです。内容もフォーマットもかなり自由なので、やりたいという方はぜひ釜石市にお問い合わせください。
募金以外にこういう形で何かできる、というのはうれしかったです。とりわけ作成に使ったIllustratorはアメリカで習得したスキルでしたし。
個人的にはフランスはやはりおしゃれな感じで見惚れました。(先入観

妊娠ワンダーランド

先日、初めて子どもを生みました。
この九ヶ月間妊婦という、病気ではないけどやたらいたわってもらえると立場にどっぷり甘えてきましたが、いよいよその立場も終了です。

私は計画出産。
自然に産気づくのを待たず、もともと予定した日に病院に行き、破水を起こし、その後脊髄麻酔をして無痛分娩という流れでした。(予定日より前に産気づいた場合は早まる)ちなみにこちらでnatural laborとは麻酔などのドラッグフリーの分娩のことではなく、単に経膣分娩のことを言います。なのでその定義でいくと私もnatural labor。
どこかの雑誌で見た限りアメリカでマジョリティの出産プロセスです。
今まで色んな妊娠、出産本を読んで経産婦の話を聞いてきましたが、やはり想像通りではありませんでした。考えてたよりずっときつかった…出産舐めてました。

妊娠が発覚してから初めて知ることになったことは本当にたくさんあって、分類すると1.女性のからだ
について 2.妊娠に伴う生理的機能について 3.出産に関する日米のカルチャーギャップについて。
3.はまあ日本で出産したことがないのでせいぜい両国の本に書いてある記述に「へー」となるレベルだったのですが、1.と2.については妊娠が経過していくごとに自分で体感してきたので、目を剥いて驚くことがたくさんありました。私は自分が女性なのに女性のからだについて何も知らなかった…。
今妊娠中の記録を読み直すと「そうだそうだ、こんな事があった」とさまざまな出来事とのファーストインパクトでの自分の新鮮な反応が懐かしく思い起こされます。

これまで知らずにいても生きていくのに全く支障がなかった事がその世界に足を踏み入れた途端に重要味を帯びてくる、という現象はまるで未知の文化圏に外国人として入国したような感じでした。例えばテネシー州では屋外での飲酒が禁止されてることがある、とか。(時間や郡による)

妊婦という限られた時間を終え、今度はまた未知の世界である”子育てワンダーランド”に入って行くことになります。その子育て期間も限りあることを思うと、人生を区切るとどの時間も限られた特別な時ばかりなのかもしれませんね。

とりあえず心配なのは産後のホルモンで自分がどんな風に変わってしまうのか。肝心の産後や赤子のことは母がヘルプに渡米してくれたこともあってあまり心配してません。でもこれも後で子育て舐めてましたということになるかも。

ちょうどテネシー赴任中の半分を子どもと過ごすことになるので、前半後半どちらも楽しかったと言えるように無理なくやろうと思います。