スペイン語学習1カ月半の成果

ただの学習記録なのに「教養・知識」というご大層なカテゴリですみません。
早くも学期の半分が過ぎ、どの授業でも前半のまとめテストのシーズンだったらしく周りの学生さんも忙しそうでした。顔が土気色の人が多かった。
習い始めて1カ月半のスペイン語、成果はこんなかんじです。

  • 自己紹介ができるようになった(名前、年齢、国籍、職業)
  • 数が数えられるようになった
  • ~人という語彙を覚えた(アメリカ人、メキシコ人、ベネズエラ人、パラグアイ人、ドイツ人、日本人など)
  • 基本的な職業の語彙を覚えた(ビジネスマン、女優、エンジニア、学生、主婦、弁護士など)
  • 動詞によって変化する規則動詞の活用を覚えた
  • 「これから~をする予定:ir a 不定詞」「これから~をしなくてはいけない:tengo que 不定詞」という表現を覚えた
  • 町にある主な施設の語彙を覚えた(病院、銀行、図書館、学校、スーパー)

今日近くにベネズエラ人がいたので、迷惑を顧みず知ってることを全て注ぎ込んで話しかけてみました。
英語ができる人なのですぐにスイッチされたけど半ば強引にスペイン語に戻す。わー、スペイン語を習い始めてから初めて公式に話した…。

ドヘタでも実際に話してみると、普段授業を受けていてテストだクイズだ宿題だと受け身で課題をやっているだけだと出てこない、「○○てスペイン語で何て言うの?」という語学習得のとき必ず必要なモチベーション(動機付け)が出てくるのを感じてうれしい。

あと最近感心したのは、会話を録音して提出という課題。専用のレコーダー機は要らず、オンライン学習サイトについている機能を使ってPC上で全てできる。こうなると嫌でも数分スペイン語を話さなければいけない。
この教科書はやたら高かったのだが、このような高機能なオンラインサイトを使うためのシリアルナンバーが必要なためだ。サイトの充実度を見ているとこれでも安い気がする…。
私も語学は大学でも専攻したけれどこういう学習ツールは初めて。Webを使った教材はどうもピンキリのキリばかり目についてきたが、フリーで教材を置いて放置プレイよりもこうやって囲い込んで双方向で学ばせる方がずっと効果あるのかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中