ゲストスピーカーの話#3

ゲストスピーカーが来てはいるのだが書かない内に溜まってしまった。
9/23にいらっしゃったのは、美容院チェーンRoss the Boss/ R & Co.オーナーのRoss Badgett氏。テネシー州第三の都市Knoxvilleエリアに12店舗構える。

カット・カラーの他にフェイシャルやネイルなどスパも提供。

大柄で65歳という年齢にも関わらずvigorous(精力的な)という形容詞がぴったりあるガツガツ系のビジネスオーナーだった。「自分の世界を創り上げる」ということに焦点をあてた半生。

  • 子供の頃から自分のビジネスを持ちたいと考えていた。Money-oriented(お金を稼ぐ志向)の子供。初めての仕事は10歳韓国食材店のコーラの販売機の掃除。1時間15cent
  • 10歳の時にボーイスカウトをやっていた。→Sam Walton(Wal-mart創始者)もやってたという。ボーイスカウトは起業家魂を育てるのか?
  • 大学の時に結婚。お金が無いので働き始めた。→Trust CompanyのShaon Pryseも学生結婚。ベビーブーマーは早婚なのかも。
  • Consist your belief system!
  • 広報について。看板広告では自分の子供をモデルとして使った。モデル代タダ。「広告は覚えられないよりは嫌われたほうがまだいい」
  • 女性が好きだから、200人の女性と一緒に働いている今がすごく幸せ。 →それはすごい。
  • オーナーだけど同時に家来でもある。お客さんには自らサービスすることも。
  • 自分が死ぬとき枕元の人に「もっとお金があればよかった」と言いたくないよね。→言いたくないです。
  • Nothing can be done, if nothing is done. 何もしなけりゃ何も起こらないよ。
  • 美容師学校を運営していることについて。自サロンの文化を教え込む場所という認識なので、サロンの採用は99%卒業生から採る。長年他の店で経験を積んできた美容師は変なクセがついてるから雇わない。→これはすごく衝撃…スキルよりも文化が大切なのね。

身振り手振りも派手で日焼けの肌に金のアクセサリーをしていたので、迫力があった。自信もった強い語り口なのでいかにもリーダーぽい。割とワンマンなのかなーという印象だった。男の従業員が一人もいなかったらそれはそれで大変だろうけど、彼が「Belief system」と呼ぶ自分の世界観が確立されてるのはすごいですね。

彼には私たちのビジネスプランの課題のために、後に非常に助けになったアドバイス(米企業社員向けにアジア系企業対応マナー講習)をもらいました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中