“Sarcasm”と”Irony”の違い

ゴールデングローブ賞の授賞式で司会を務めたイギリス人コメディアンのジョークが全然笑えなかったり、二重被爆者をネタにするTV番組が放映されたりと、最近何かと口の端に上るイギリスのユーモアセンス。

同じ英語圏でもアメリカ人とはメンタル面で全く違う人たちなのだな、というのがようやくここ一年実感としてわかってきた。アメリカ人のESLの先生などはよく”British are sarcastic.”と言っていたが、sarcasticは「嫌味な」「口の悪い」という意味で、渡米してから知った英語の中の一つ。これを私は日本語で「皮肉屋」だと変換していた。
が、前学期の英作文(English Composition)の授業で、たまたまこのsarcasm「当て擦り」とirony「皮肉」の違いが出てきて、この二つが重なるところもあるものの、全く別物だということが分かったので、その違いについて書いてみる。

分かる人はあっさり違いが分かるんだろうが、アジア系のクラスメイトがみな頭に「?」を乗せていたし、分かりにくいよなーと思ったので。

英辞郎を見ると、それぞれの意味は以下の通り。

  1. sarcasm【sɑ́ː(r)kæ̀zm】[名]嫌み、嘲り、当てこすり、皮肉
  2. irony【ái(ə)r(ə)ni】】[名]皮肉、反語、アイロニー、成り行き、当てこすり、風刺、奇遇

このように、重複している言葉で説明されていはいるのだが、これらは全く同じ意味では無い。ややこしいのは、ある状況がsarcasmであるけどironyではない場合もあれば、逆の場合もあり、どちらにも当てはまる場合もあるということだ。

Sarcasmは、どちらかと言うと深刻な出来事をおもしろおかしく言うこと。時にはターゲットとなっている人を酷く傷つけることもあり、言葉のナイフにもなりうるのはIrony「皮肉」ではなくこちらの方。とてもsarcasticな人は”sharp-tongued”とも言い表される。「毒舌」ですな。この「当て擦り」マインドはイギリスではそれはそれは大切にされているそうで、sarcasmに基づくユーモアを理解しない人(アメリカ人とか…)をちょっとバカにする傾向もあるようだ。
一方、Ironyは普通なら避けられたはずの状況がよりによって最も望ましくない事態になってしまったというような状況、笑えない悲劇を表す。皮肉を言う人は”sharp-tongued”「毒舌」ではない。

例えば、Irony「皮肉」を表す状況:

  • I grew up hating the U.S., but I went to the university in the states. 「今までの人生でずっとアメリカが嫌いだったのに、アメリカの大学に行った。」
  • An old man turned ninety-eight. He won the lottery and died the next day 「89歳になった老人が宝くじに当たり、その翌日死んだ。」
    (シンガーソングライターのAlanis Morissetteの歌Ironicより)

Sarcasm「当て擦り」:

  • Living in the U.S. has been a valuable experience for me. I can now tell my family the difference between a hot dog and a hamburger. 「アメリカでの体験は貴重なものだった。今なら家族にハンバーガーとホットドッグの違いを説明できるね。」
  • <Someone is reading a book. The other person asks,> “what’s this?” -It’s a book. 「(読書中の人に話しかける人。)”それ、何?” 本だよ”」→分かりにくいので補足。読書中なのは明らかで、何を読んでいるのか聞かれていると分かっているにも関わらず「本だよ」と答える人がsarcastic。

どちらにもなりうる状況:

  • Thanksgiving was so nice. I spent in the toilet. 「サンクスギビング(感謝祭)は素敵だった。トイレで過ごしたけどね。」→補足。表情次第でどちらにも聞こえうる。当てつけるようにゆっくり薄笑いを浮かべて言ったならSarcasticだし、悲しげに言うとIronyチックになる。

どうでしょう?
私は何個も先生に例文を出してもらって、やっと全く同じではないということだけは掴めた気がした…。未だに細かい違いはよく分からないけれど。
最後まで違いが分からなくて理解に苦しんでいたのはタイ人の留学生。彼ら曰く「タイには皮肉や嫌味の文化が存在しない」そうだ。ままさか!そんな文化があるのかー。でも微笑みの国タイならあり得なくもない気もする。

現実世界ではあまり出くわしたくない皮肉や嫌味。でも文学を見てみると、そういう感情があった方が圧倒的に奥が深くおもしろくなるんだけどね…(イギリス文学がおもしろいのはこのせいか)

3件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中