長期支援の必要性についての周知 #3

かなり遅きに失した感がありますが、Better late than never…
長期支援の必要性についての周知 #1#2の続きです。

3. 優れた伝達材料を見つけ、広げる
多くの方が遠隔地にありながらWebを介して震災支援のためのアクションを起こしましたが、その中のひとつがこの漫画です。
東北関東大震災に寄せて
3月22日に漫画家みすこそさんが個人ブログ上に載せたこの漫画はtwitterを介して一気に広まりました。震災のリアルを遠く離れたアメリカに伝えるためのツールとして、漫画はとても素晴らしい表現と思い、みすこそさんの了解を得て英語に翻訳させて頂きました。

Web版
A true story in Tohoku
PDF版
MisukosoComic_en

今読み返しても言葉が出ません。この漫画の伝える力は失われないと思います。
みすこそさん、改めて本当にどうもありがとうございます!


そして、これは最近のことですが岩手出身のプロのカメラマン・広告屋さん達による復興の狼煙ポスタープロジェクトの釜石市1のバージョンを手に入れることができたのである教会で貼りだすことができました。折れないよう苦心して持ってきてくれた母に感謝。ありがとう!

 

持ってきてもらったのは日本語版ですが、丁度よいことに公式サイトで英語版がリリースされたので、洗練されたぴったりの訳をキャプションにすることができました。超ラッキー!(心まで壊されてたまるか→Ain’t gonna let it break my heart. なんていうクールな訳は私からは出てきませんです)
このポスターたちは、一枚一枚写真の力をびんびんに感じる、本当に素晴らしい作品です。一枚一枚に物語があるのを感じます。シャッターを切った前後の瞬間の声まで聞こえてきそうな気すらします。
釜石からのありのままの声、生の空気を伝えるこのポスターがアメリカのこの小さな田舎町にあるということが何より私自身の支えになっていますが、ついでに誰かの目に止まって今この瞬間の被災地の日常に想いを馳せる人が一人でもいればいいなーと思います。

インターネットによって、良いモノ(も悪いモノ)も一瞬で広まるようになりましたが、これら二つのメッセージの塊はそれぞれTwitter、Facebookで知ったものです。この情報が私の手元に落ちてきてくれた偶然に感謝しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中