月別アーカイブ: 2011年9月

秋学期のはじまりと、目標

9月から秋学期が始まった。記録ブログのはずがこのままではまったく痕跡が残らず終わってしまうので(事実もうアメリカ滞在はあと3年半)慌てて何か書く。
本当は母と、義母それぞれとの大きな旅行についてもまとめたいけれど、ものぐさなので目下の事について書く。

今期は思い切って取る授業の方向性を変えてみた。スペイン語と、Visual Communication(以下略VC)というMacソフトを使ったグラフィックデザインの授業で、数的にはこれまでの中で一番少ないのだけど、やることが全て新しいことなので割かし大変。今までアートの授業で写真や絵をやってきたけれども、どちらもある程度日常に混じっていることだったのでこれほどまでに新しいことをやるのは初めて。
このVCの授業は元グラフィックデザイナーの先生が、主にIllustratorやPhotoshopを使って、サステナリビリティー(継続性。要はエコでグリーンな)を意識したデザインを作っていくという内容で、グラフィックとかデザインとか、あとMacソフトウェア名とかの全ての単語に新出印がくっつくような未知の領域なのである。しかもこの学期には初級レベルである授業が開催されてなく、アドバンスドクラス。。

なぜこの授業を取ったかというと、Macをいじれたらかっこいい、という生半可な憧れと、デジタルで創作というのはどういう風に形作られていくんだろうというちょっとした興味。真新しいことをやるのは勇気がいるけど始めてみたら案外楽しい、(辛いけど)、です。
なにせWindows95から始まって仕事でもずっとマイクロソフトの人だったので、ソフトどころではなくMac自体の操作性にすらも最初は戸惑った。(「へータスクバー上にあるんだー」からの世界)

で、この学期が終わるまでの目標を設定しておく。

  • Illustrator、Photoshopの操作性を大体掴む。具体的に↓
    • ロゴやパッケージデザインで、稚拙ながらも形になるものができる
    • カフェとかに置いてある一般的なハガキサイズの広告を復元できる。
    • 写真の簡単な修正ができるようになる。アイコラとか
  • WordPressにもうちょっと詳しくなる。
  • スペイン語で日常会話レベルのコミュニケーションができる。
    • ネイティブの話を聞いてなんのトピックなのか分かる
    • スペイン語映画を見て5割位分かる

スペイン語は高めの設定かもしれないけど習い始めて一年、ぐずぐずしてても意味がないのでもっと自発的に習得しようと思い。
今まで学校以外でほとんど勉強してこなかったけど(旅行行く直前くらい)、このレベルのまま何年もいたくない。周りのアメリカ人学生は高校で履修してることが多いので長い人だと5年以上やってたりする。するのに中級Ⅰ。5年もやってるのに直接目的語とか過去形とかっていうレベルじゃないでしょーが。と思うけどまあ学校以外でやらず過去の遺産でやりくりしてたらこれくらい止まりだろうからね。

目標というと大げさだけど、目安ですね。まあそこそこ頑張ります。あともっと記録書くようにします。

広告