月別アーカイブ: 2012年1月

グアテマラ便り #7 ~帰国して

グアテマラ便りも#6まで続き、来る前はまさかこれほど書けるとは思ってなかった。
というのもこれまで私が訪れた場所全てにおいてwifiに苦労する場所がなかったので、どこからでもネットに繋げて文章だの写真だのをアップロードできたのであった。

計三週間の滞在だったがその中で気づいたのはグアテマラでがんばっている日本人がたくさんいるということ。
今回の旅でご縁があったサービス・ホテルだけで

  • ハポンテナンゴ@グアテマラ・シティの日本人宿
  • タカハウス@ケツァルテナンゴ(シエラ)の日本人宿兼スペイン語学校
  • カラカサ@ケツァルテナンゴ(シエラ)の居酒屋風日本食レストラン
  • カブキ@アンティグアの日本食レストラン
  • (開店時間にかぶらなかったけど)コロッケバーガー屋さん@サン・ペドロ・ラ・ラグーナ

…と並ぶ。
あとはケツァルテナンゴで会った恭平さんが仲間とまさに今立ち上げに奮闘しているオンラインスペイン語講座サイトであるスパニッシーモも。

(さらに…)

広告

グアテマラ便り #6 ~アティトラン湖


半日の授業を終え、アンティグアからパナハッチェルに向かった。車で二時間半。シエラにいる間によく聞いていた地名で、その響きにも惹かれるものがあった。

Panahachel【ぱなはっちぇる】…いい響き。な行とは行が続くと途端に癒し系になると思いませんか。「のほほん」とか「なほ」ちゃんとか。(あ、日本【にほん】もそうか…)
パナハッチェルはLake Atitlan(アティトラン湖)という湖の湖畔にある町で、アティトラン湖の周りには3000m級の火山が3つそびえ立っている。その中のひとつサン・ペドロ火山は美しい円錐形であり、アティトラン湖も非常に穏やかなので、まるで富士山と山中湖を思い出させる穏やかな光景だけど、このアティトラン湖は出口がないので雨が降っただけ水位が上がるという、湖畔に住んでいる住民にとっては家を失うかもしれない大きなリスクなのであった。
実際2011年の雨季には大量の雨が降り、水際に住んでいた多くの住民やホテルが家屋を失い、半分水没した木々や無人となった家がそこらかしこに見られる。

(さらに…)