教養・知識

東テネシーの英雄、ドリー

最近読んだ本で感銘を受けたので。
歌手、女優のドリー・パートンを知っていますか?

dolly

“You’d be surprised how much it costs to make a person look this cheap!” -Dolly Parton

金髪に派手なメイキャップ、今時どこで買うのかというボディコンファッション、そして何より目を引く人工的なboobs(おっぱい
「人は見かけが九割」の原則に従うなら全く大した人物には見えないはずの人工的なルックスなのだが、ドリーに関しては「人は見かけで判断してはいけない」の教訓の方が正しいと言える。

ドリーは東テネシーの英雄とも言っていいほど地域の人々に崇拝されてちる人物で、同時に全米でもQueen of Countryと呼ばれるカントリー歌手の大物であり、The Book Ladyと呼ばれる教育啓蒙者でもあるのだ。

ドリーが生まれたのはスモーキーマウンテンのふもと、Seviervilleという小さな村。十二人の子どものうちの一人だった。敬虔なキリスト教徒である両親とのちに歌手になるきっかけを与える叔父、兄弟たちに囲まれて育ち、いつの日かカントリーの本場ナッシュビルでスターになることを夢見て強靭な意思でその夢を叶えた。歌手としても多くのヒットを飛ばし、女優としても名を残した。南部の暮らしに興味があるならぜひお勧めしたい映画「Steel Magnorias」(邦題「マグノリアの花たち」ジュリア・ロバーツも出演)は南部の小さな町を舞台に病と戦う強い女性たちを描いた名作。ドリーも重要な役どころで出演している。
それにホイットニー・ヒューストンが歌ってヒットしたI Will Always Live You(映画「ボディーガード」の主題歌。私も子供の頃満員の映画館に見に行った)は実はドリーが作詞作曲したものだ。

Dolly版のI Will Always Love You

ホイットニー版と全然違う。この曲カントリーだったんだなーと思う。

ドリーのすごいところは、このように歌手、女優として大成功を収め巨額の収入を得ておきながら地元を忘れなかったことだ。
ドリーの生まれたスモーキーのテネシー側は、今でこそドリーが設立した遊園地DollywoodやDixie Stampieのおかげで潤ってはいるが(それでも世帯所得は全米の平均より低い)その当時、1960年頃は本当に何もなかった。ただ農家が集った小さな集落で、どの家庭も大人は働き詰めで子どもへの教育もそこそこにぎりぎりで生活しているような状態だった。現にドリーの父親は2001年に亡くなったが、読み書きができなかったという。(21世紀のアメリカで、読み書きできないという人がいることに私はショックを受けた)

ドリー自身は高校を出てから歌手になったが、農家の子どもがどうせ家業を継ぐから高校をドロップアウトしてしまう現状を打開しようと、高校を卒業したら五百ドルをあげると高校生に約束し、その結果その年から急激に卒業率があがったという。ちなみにそのギフトは今でも続いている。卒業したら賞金をくれる、そんなセレブリティがいるだろうか?(著書「Dream More」の中でドリーはこのことについて「彼ら(高校生)のことを気にしている人がいると知る、それが彼らにとって力になる」と書いている。この本についてはもっと紹介したいが長くなるので省く)

識字率も低く収入が安定しない、そういったPoor White(白人貧困層)が多い地域の出身だったドリーは色々と思うところがあったんだと思う。中でも彼女が最も気にかけるのが子ども。子どもたちの想像力:イマジネーションを養ってもらおうとドリーが始めたのがImagination Library。
Dolly Parton’s Imagination Library
これは該当地区で子どもが生まれたその日から五歳になるまで毎月一冊の絵本が自宅に届くというプログラム。私も登録したので毎月届き始めた。国籍は問わず、単にWebか手紙で住所などを登録すればいいだけ。農家などは絵本自体にアクセスがない子どもが多いと気づいたドリーが始めたこのプログラムは今では全米、カナダ、そしてイギリスにも行き渡っている。

第一冊目はThe Little Engine That Could
邦題「ちびっこきかんしゃだいじょうぶ」

20130515-154311.jpg
右側についている丸いマークがイマジネーションライブラリーのマークで、絵本をめくると最初のページにドリーからのメッセージが書いてある。

20130515-154318.jpg

このイマジネーションライブラリーが、あなたの夢を叶えるための翼となりますように。

この絵本も本当にいい話で。泣いたね。ドリーほんとすごい、と。これだけ子どものことを、他者のことを考えてくれてるのかと。
娘が生後一カ月のときに届いたので月齢に見合った本ではないのだが、娘もそのうち読むことができるようになるだろう。私たちがテネシーにいる限りこれから毎月届く絵本はその後も娘の宝物になるだろうし、ドリーの想い「夢を持ち、叶える力」を養うための大きな力になるだろうと思う。
ドリーは誰もが尊敬するテネシーの英雄なのだ。

20130515-155143.jpg

本屋で見つけたドリーのポップ。

超尊敬してます!

グアテマラ便り #7 ~帰国して

グアテマラ便りも#6まで続き、来る前はまさかこれほど書けるとは思ってなかった。
というのもこれまで私が訪れた場所全てにおいてwifiに苦労する場所がなかったので、どこからでもネットに繋げて文章だの写真だのをアップロードできたのであった。

計三週間の滞在だったがその中で気づいたのはグアテマラでがんばっている日本人がたくさんいるということ。
今回の旅でご縁があったサービス・ホテルだけで

  • ハポンテナンゴ@グアテマラ・シティの日本人宿
  • タカハウス@ケツァルテナンゴ(シエラ)の日本人宿兼スペイン語学校
  • カラカサ@ケツァルテナンゴ(シエラ)の居酒屋風日本食レストラン
  • カブキ@アンティグアの日本食レストラン
  • (開店時間にかぶらなかったけど)コロッケバーガー屋さん@サン・ペドロ・ラ・ラグーナ

…と並ぶ。
あとはケツァルテナンゴで会った恭平さんが仲間とまさに今立ち上げに奮闘しているオンラインスペイン語講座サイトであるスパニッシーモも。

(さらに…)

グアテマラ便り #6 ~アティトラン湖


半日の授業を終え、アンティグアからパナハッチェルに向かった。車で二時間半。シエラにいる間によく聞いていた地名で、その響きにも惹かれるものがあった。

Panahachel【ぱなはっちぇる】…いい響き。な行とは行が続くと途端に癒し系になると思いませんか。「のほほん」とか「なほ」ちゃんとか。(あ、日本【にほん】もそうか…)
パナハッチェルはLake Atitlan(アティトラン湖)という湖の湖畔にある町で、アティトラン湖の周りには3000m級の火山が3つそびえ立っている。その中のひとつサン・ペドロ火山は美しい円錐形であり、アティトラン湖も非常に穏やかなので、まるで富士山と山中湖を思い出させる穏やかな光景だけど、このアティトラン湖は出口がないので雨が降っただけ水位が上がるという、湖畔に住んでいる住民にとっては家を失うかもしれない大きなリスクなのであった。
実際2011年の雨季には大量の雨が降り、水際に住んでいた多くの住民やホテルが家屋を失い、半分水没した木々や無人となった家がそこらかしこに見られる。

(さらに…)

グアテマラ便り #5 ~アンティグア

首都から車で約一時間のアンティグアはグアテマラ国内で最も観光人気が高い場所だ。この場所だけ物価、外国人の割合、英語の浸透性など旅行者が気にする面たるものがガラッと他の場所と変わり、このギャップはプラハとそれ以外がまるで違うチェコを思い出させた。1500年代にできたという築500年の廃墟がそこらかしこに町中に点在しており、新旧融合が客を呼び込んでるという意味では京都のようでもあった。

当初の予定ではこの町に一週間留まり夫と一緒に二人でAMだけスペイン語学校に行くつもりだったのだが、町並みに風情はあるもののあまりにツーリスティックすぎる雰囲気にちょっと物足りなくなり、もう一箇所行こうと方向転換。
でもちゃんと学校は行った。二日だけだが。スペイン語ゼロの夫としては二日だと短すぎるのだけど、授業料も安いしものはためしにという感じ。(私は習う言語で最初から習うことに懐疑的。本気でやるならやっぱり基礎中の基礎の部分は日本語や十分知ってる言語で習ったほうがいいです。)
とはいえマンツーマンでぴったり教えてくれるので、あいさつを皮切りに電話の会話例・動詞現在形の活用・頻出動詞などを教えてもらえて夫は満足していたようだ。
一方で私はというと未来(Futuro)や条件(Condicional)もまだ知らないのに過去完了条件文(そのどっちも使う)などを問題に出されて白目でした。
(さらに…)

グアテマラ便り #4 ~治安

二週間滞在したシエラを発つのは少し、いやかなり寂しかった。いつもの旅行のように観光一辺倒というよりもスペイン語重視でかつ人との交流を大事にするステイ型だったので、久々に家族に会えるのはうれしかったけれど、こちらでできたもうひとつの”家族”との別れは来る前は想像もしていなかったほど寂しかった。
ここの姉妹、いとこの子は、世の中にこれほどかわいい生き物がいるのか、いうくらい、一日のうちにたぶん50回くらい(かわいいなあ)と思っていた。クリスマスプレゼントにと私があげたプリンセスのカレンダー、一番最初に私の誕生日を書き込んでくれるくらい、もう自分以外のことを考えることのできる子たちだった。

そしてグアテマラに来てからちょうど二週間目の土曜、クリスマスイブに前日から休暇に入った夫とアンティグアで合流。
一年間おつかれさまでした、ほんとうに。
(さらに…)