アメリカ・アメリカ人

東テネシーの英雄、ドリー

最近読んだ本で感銘を受けたので。
歌手、女優のドリー・パートンを知っていますか?

dolly

“You’d be surprised how much it costs to make a person look this cheap!” -Dolly Parton

金髪に派手なメイキャップ、今時どこで買うのかというボディコンファッション、そして何より目を引く人工的なboobs(おっぱい
「人は見かけが九割」の原則に従うなら全く大した人物には見えないはずの人工的なルックスなのだが、ドリーに関しては「人は見かけで判断してはいけない」の教訓の方が正しいと言える。

ドリーは東テネシーの英雄とも言っていいほど地域の人々に崇拝されてちる人物で、同時に全米でもQueen of Countryと呼ばれるカントリー歌手の大物であり、The Book Ladyと呼ばれる教育啓蒙者でもあるのだ。

ドリーが生まれたのはスモーキーマウンテンのふもと、Seviervilleという小さな村。十二人の子どものうちの一人だった。敬虔なキリスト教徒である両親とのちに歌手になるきっかけを与える叔父、兄弟たちに囲まれて育ち、いつの日かカントリーの本場ナッシュビルでスターになることを夢見て強靭な意思でその夢を叶えた。歌手としても多くのヒットを飛ばし、女優としても名を残した。南部の暮らしに興味があるならぜひお勧めしたい映画「Steel Magnorias」(邦題「マグノリアの花たち」ジュリア・ロバーツも出演)は南部の小さな町を舞台に病と戦う強い女性たちを描いた名作。ドリーも重要な役どころで出演している。
それにホイットニー・ヒューストンが歌ってヒットしたI Will Always Live You(映画「ボディーガード」の主題歌。私も子供の頃満員の映画館に見に行った)は実はドリーが作詞作曲したものだ。

Dolly版のI Will Always Love You

ホイットニー版と全然違う。この曲カントリーだったんだなーと思う。

ドリーのすごいところは、このように歌手、女優として大成功を収め巨額の収入を得ておきながら地元を忘れなかったことだ。
ドリーの生まれたスモーキーのテネシー側は、今でこそドリーが設立した遊園地DollywoodやDixie Stampieのおかげで潤ってはいるが(それでも世帯所得は全米の平均より低い)その当時、1960年頃は本当に何もなかった。ただ農家が集った小さな集落で、どの家庭も大人は働き詰めで子どもへの教育もそこそこにぎりぎりで生活しているような状態だった。現にドリーの父親は2001年に亡くなったが、読み書きができなかったという。(21世紀のアメリカで、読み書きできないという人がいることに私はショックを受けた)

ドリー自身は高校を出てから歌手になったが、農家の子どもがどうせ家業を継ぐから高校をドロップアウトしてしまう現状を打開しようと、高校を卒業したら五百ドルをあげると高校生に約束し、その結果その年から急激に卒業率があがったという。ちなみにそのギフトは今でも続いている。卒業したら賞金をくれる、そんなセレブリティがいるだろうか?(著書「Dream More」の中でドリーはこのことについて「彼ら(高校生)のことを気にしている人がいると知る、それが彼らにとって力になる」と書いている。この本についてはもっと紹介したいが長くなるので省く)

識字率も低く収入が安定しない、そういったPoor White(白人貧困層)が多い地域の出身だったドリーは色々と思うところがあったんだと思う。中でも彼女が最も気にかけるのが子ども。子どもたちの想像力:イマジネーションを養ってもらおうとドリーが始めたのがImagination Library。
Dolly Parton’s Imagination Library
これは該当地区で子どもが生まれたその日から五歳になるまで毎月一冊の絵本が自宅に届くというプログラム。私も登録したので毎月届き始めた。国籍は問わず、単にWebか手紙で住所などを登録すればいいだけ。農家などは絵本自体にアクセスがない子どもが多いと気づいたドリーが始めたこのプログラムは今では全米、カナダ、そしてイギリスにも行き渡っている。

第一冊目はThe Little Engine That Could
邦題「ちびっこきかんしゃだいじょうぶ」

20130515-154311.jpg
右側についている丸いマークがイマジネーションライブラリーのマークで、絵本をめくると最初のページにドリーからのメッセージが書いてある。

20130515-154318.jpg

このイマジネーションライブラリーが、あなたの夢を叶えるための翼となりますように。

この絵本も本当にいい話で。泣いたね。ドリーほんとすごい、と。これだけ子どものことを、他者のことを考えてくれてるのかと。
娘が生後一カ月のときに届いたので月齢に見合った本ではないのだが、娘もそのうち読むことができるようになるだろう。私たちがテネシーにいる限りこれから毎月届く絵本はその後も娘の宝物になるだろうし、ドリーの想い「夢を持ち、叶える力」を養うための大きな力になるだろうと思う。
ドリーは誰もが尊敬するテネシーの英雄なのだ。

20130515-155143.jpg

本屋で見つけたドリーのポップ。

超尊敬してます!

広告

“Sarcasm”と”Irony”の違い

ゴールデングローブ賞の授賞式で司会を務めたイギリス人コメディアンのジョークが全然笑えなかったり、二重被爆者をネタにするTV番組が放映されたりと、最近何かと口の端に上るイギリスのユーモアセンス。

同じ英語圏でもアメリカ人とはメンタル面で全く違う人たちなのだな、というのがようやくここ一年実感としてわかってきた。アメリカ人のESLの先生などはよく”British are sarcastic.”と言っていたが、sarcasticは「嫌味な」「口の悪い」という意味で、渡米してから知った英語の中の一つ。これを私は日本語で「皮肉屋」だと変換していた。
が、前学期の英作文(English Composition)の授業で、たまたまこのsarcasm「当て擦り」とirony「皮肉」の違いが出てきて、この二つが重なるところもあるものの、全く別物だということが分かったので、その違いについて書いてみる。

分かる人はあっさり違いが分かるんだろうが、アジア系のクラスメイトがみな頭に「?」を乗せていたし、分かりにくいよなーと思ったので。

英辞郎を見ると、それぞれの意味は以下の通り。

  1. sarcasm【sɑ́ː(r)kæ̀zm】[名]嫌み、嘲り、当てこすり、皮肉
  2. irony【ái(ə)r(ə)ni】】[名]皮肉、反語、アイロニー、成り行き、当てこすり、風刺、奇遇

このように、重複している言葉で説明されていはいるのだが、これらは全く同じ意味では無い。ややこしいのは、ある状況がsarcasmであるけどironyではない場合もあれば、逆の場合もあり、どちらにも当てはまる場合もあるということだ。

(さらに…)

先生が生徒に評価されます

近くの大学でいくつかの授業を聴講した私ですが、秋学期が終わったのが12月頭。無事成績も返ってきてバケーションに行ったりマラソン大会に出たり昼まで寝たりと我が世の春を謳歌してました。
そうしたらあっという間に春学期が来週から始まってしまうではないですか。
いくらだらしのない私でも、秋学期の〆の記録をせねばとPCを開くわけです。

さすがに4カ月も授業に出ると、日本の大学との違いに「ほほー」となることも少なくなりますが、最後の最後に大きなカルチャーショックが来ました。学生が教授を評価する仕組みです。

今でこそ日本でも学生による評価制度があるのかもしれませんが、私が大学生だった当時はそんな評価はしたことありませんでした。(あれ…なかった、たぶん)
評価は教授が学生に対してするもので、その逆は無いという認識でした。なので、その仕組みを聞いたとき、とりわけ正規の大学生に比べると学費も雀の涙程度である聴講という身分にも関わらず評価を求められたときは驚きました。
評価レベルは1-5まで、教授本人に対する評価・授業内容に対するそれぞれの評価を数字でマークシートに塗りつぶします。学生が書きこんだあとの紙はもう教授は触ることができません。なので、全員が記入した紙はクラス内の学生がまとめて大学の管理部に届けます。

触ることすら禁止されるって、この評価が将来にどの程度影響あるのだろう、と思いましたがビジネスの教授によると、彼女の知人で3回連続で評価の悪かった教授がその大学をクビになってしまったそうです。失職…なんてシビア。でも、「モノを教える」という教育と言う名のサービスが仕事の人が、顧客(学生)の満足いくようにサービス提供できなかったわけでそれもそうかと。

自分の大学時代を振りかえると本当に時間の無駄だった、という授業をかなり受けた記憶があります。(Journalistinという発音を延々と繰り返すだけのドイツ語の授業とか)。この人は発音学の権威、おもしろいはず、と暗示をかけないと座ってもいられないほど苦痛でした。でもどう考えてもやっぱりつまらない授業だった。あのとき学生の側から教授を評価することができたら、自分の飲み込みの悪さは棚に上げて、いかに意味のない授業か、つまらないか、声を上げる機会にはなっただろうに、と惜しい気持ちがします。

牛とひき肉の間 – Food, Inc.を観て

常々誰かがやってくれている「牛」と「ひき肉」の越境作業には興味があった。
生き物から食べ物になるまでの過程を実感したいと思っていたので、初めて丸鶏を前にしたとき、既に内臓が除去されていたにも関わらず、なんだかとんでもないことをしているような衝撃を受けたのを覚えてる。

そこで「Food, Inc.」というアメリカの食品業界についてのドキュメンタリー。

普段私たちが口にしているものがどのようにして生産され、消費者の元に届けられているのか――。食の市場を司る企業の実態、人間都合で歪められた食の事情、突き詰めれば人間の健康に関わる問題へと発展するこの状況に警鐘を鳴らしている。(紹介文より)

 
 
 
 
 
 

 
 
もはや「食の安全」に収まる話ではなく、アメリカの食品産業のあり方が中央官庁と大企業との癒着、大企業のゆき過ぎた利益追求主義、移民問題、肥満など多くの社会問題につながっていることを俯瞰できる。
思考停止して安いものを買い続けることはその行為自体が社会に対するひとつの意思表示になってしまうということを痛感した。以下は衝撃的だった場面。

  • より多くの胸肉を得るため、鶏は20年前と比べて驚異的な早さで成長し、巨大に。コンテナーで詰め込まれて一生太陽にあたることなく育てられ屠殺を待つ。牛も同様。ホルモンによって肥大した自分の体を持ち上げることができない鶏の映像…。
  • 鶏を飼育する業者は1棟のコンテナーを購入するために$280,000(約240万)を銀行から借りる。精肉会社との契約では農家側は全く主導権がなく、施設増備を求められれば応じるしかない。そして更にローンを積まされ、利益を保つために低収入の移民(メキシコ人)が雇うことになる。
  • 安価なとうもろこしと大豆、遺伝子組換え済がスーパーにある9割の食品に含まれている。牛は牧草ではなく安価なとうもろこしが主な肥料。High fructose corn syrup、これは異性化糖のことで、「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 」で悪名高い添加物ブドウ糖果糖液糖を含む物質である。今の状態では口に入れることを避けることはできない…。
  • 低収入、共働きのため料理する暇もお金もないメキシコ人移民一家。$1以上するブロッコリーを1つ買うよりは99cでハンバーガーを食べる。父親、糖尿病のため失明の危機にあるが、医薬品が高すぎて手が出ない。健康なものを食べたいけどファーストフード以外に選択肢がない。2000年以後に生まれた移民の子供の半分が初期糖尿病にかかっている。
  • 食肉工場での仕事はアメリカで最も危険な仕事。そういった仕事につくのは違法移民、ラティーノ(中南米出身の人々の総称)。低賃金低待遇で10年働いた従業員が違法労働で逮捕されるも、さんざん酷使したアメリカ工場側はお咎めなし。
  • 1990年代、NAFTA(北米自由貿易協定)による貿易自由化によりアメリカからメキシコへ安いとうもろこしがなだれ込み、メキシコの農家の経営が壊滅的となった。食品会社Smithfieldは職にあぶれたメキシコ人農民をリクルートし、自社の精肉工場で雇用し始めた。一旦は労働条件が改善したものの、ファーストフード業界の需要が拡大したことによって福利厚生のマージンがなくなり、低賃金、低待遇、危険な仕事となっていった。未だに屠殺向上に従事する多くの労働者は移民であり、怪我、死に至る事故も多い。
  • ベトナム戦争で散布された枯葉剤と同じ成分の除草剤Roundupを製造する化学会社Monsanto。この除草剤に耐久力があるのは同社が特許を持つ遺伝子組み換え大豆のみ。Monsantoは農家を徹底的に調査し同社が販売する大豆以外の大豆を持つ者を特許侵害で訴えている。
  • そこに大豆洗浄業者の男性。洗浄することによってMonsantoの大豆と毎年植えることのできる大豆を分別することができるが、この仕組みは他の農家に特許侵害をけしかけたとされMonsantoから訴えられる。裁判費用だけで$25,000(約212万円)。友人知人がどんどん疎遠に…。
  • 遺伝子組み換えのラベルを貼らなくてよいとする法律が通りかけた(カルフォルニア州)。ブッシュ政権と大企業の癒着、ロビイストによる規制化の圧力が背景。規制するのは他にアメリカ合衆国農務省(United States Department of Agriculture)、アメリカ食品医薬品局 (Food and Drug Administration)。ファーストフードチェーンの多くはカロリー、トランス脂肪酸の表示を拒んでいる。
  •  
    現実なだけに痛ましい以上の場面ばかり…。
    裁判費用だけで$400,000かかった農家の男性の一言が大企業(強者)に完全有利な社会構造を象徴している。

    How can a farmer defend himself against a multinational corporation like Monsanto?
    どうやったらひとりの農民がMonsantoみたいなグローバル大企業を相手どって戦えるのか?

    エリック シュローサー
    草思社
    発売日:2001-08-09

     
     
     
     
     
     
     
     

    ドキュメンタリーにはFirst Food Nationの著者Eric Schlosserが出演している。「Food, Inc.」は残念ながら日本で封切りされてないようだけどFirst Food Nationは邦訳「ファストフードが世界を食いつくす」が出てるのでお勧め。ヒステリックなアンチ本ではないだけに(いや立場は完全にアンチだけど筆者がハンバーガーを美味しく食べてる場面がある)しみじみ怖いなあと思わされた。
    テーマはマクドナルドの誕生に始まり、子供を消費者のターゲットに置いたマックの戦略、牛肉工場で働く労働者の待遇の悪さ(おそらく最低最悪の仕事)と幅広いが、取材や具体的数字を軸にした骨太のドキュメンタリーだ。

    以下は私よりずっと分かりやすく紹介されてる記事↓
    衝撃の映画Food, Inc. フード・インク
    映画『フード・インク』(Food, Inc.)を観た
    私ももっとシンプルに文章が書けるようになりたいのう。

    How are you?の答え方

    登録したのも忘れていたLanguage Exchange Partner(言語交換パートナー)のサイトを通じて、アメリカ人のパートナーができた。
    言語交換パートナーというのは、定期的に会ってお互いの言語を教え合うという相手で、お互いに相手の言語を習いたいというコンセンサスがある以外は普通の友達とあまり変わらない。
    ドイツの大学ではJapanologie(日本学)の学部があったりすると日本語を勉強したい学生がひきもきらないので、私がいた当時日本人留学生は少なくとも1人、多い人は3人のパートナーがいた。ドイツではそういう相手を「タンデムパートナー」と呼んでいた。言語交換というといかにも不器用な訳のままなので「タンデム」の方が私は好きだな。
    メリットは何かというと、非常に少ないながら私にもアメリカ人の友人がぽつぽつ出来始めたけれども改めて色々なことを聞く機会があまりないので、「なんでも聞き合える」というしっかりとした前提があるタンデムはお互いすごく便利。

    新しくできたタンデムは日本語始めて数カ月のJohn、自営業。
    ついこの間日本旅行から帰ってきたばかりの熱がまだ冷めていない様子で、いかに日本が好きかということを興奮気味に語ってくれた。

    前置きが長くなったけれども、そんなJohnさんに最初に聞いたのは、最近つくづく「How are you?」に対する自分の返答が99%「I’m good」なのに飽きていたので他にどういう言い方があるか?ということ。
    返ってきた答えがこちら。

    Good, Yourself
    Can’t Complain
    Not bad, You?
    Good Good, Thanks
    I’m doing well, you?
    Couldn’t be better, Thanks
    I’m ok, How ‘bout you (no “a” in about)…bout
    Hanging in there

    「Can’t Complain」(文句は言えない状況だよ)はなんかこうちょっとかっこいいね。マンネリ脱出だ!
    加えて、

    Like most greetings people really don’t care about how your doing…so don’t complain unless its a friend.Most people don’t want to have deep conversation about how your doing. They don’t care.

    あいさつが大抵そうなように、人は相手がどんな調子なのかは気にしない…だから友達でない限り愚痴らない方がいい。普通みんなそれほど深い会話をしようと思ってない。気にしてない。

    とのこと。うーむ「気にしてない」と言われるとちょっとさみしいけど…。そりゃいきなり重い話をされても困るか。

    大学が求めるアウトプット日米の差

    近くにある大学の講座を聴講し始めて2週間、そろそろ授業にも慣れてきたけれど、こちらの大学のアウトプットの求め具合にはホント驚いた。

    なんといっても課題の量がすごい。私は全部で4つ講座を取っていて、英作文・スペイン語・絵・ビジネスなのだがそれぞれの授業で毎回何かしら課題が出るのは心の底からびっくりした。
    この大学はとりわけエッセイを書かせることで有名らしいので、アメリカの全ての大学に当てはまる法則ではないでだろうが、あくまで「日本の大学」と十把一絡げにした話でいうと、その放置具合と比べるとすごく大きな違いだ。

    例えばスペイン語の授業だと、教科書と連携しているオンラインサイトの課題が一週間おきに迫ってくる。テスト(小テストのことをQuizという)もちょこちょこあるので自習は欠かせず。日本の「二外」というと必修だから取るものの、その後さっぱり使いものにならないという結果になりがちだけど、そういうおざなりなスタンスではとても乗り越えられる課題量ではない。
    英作文では毎回文字通りエッセイを書くし、ビジネス(起業入門)では分厚い教科書の1章分を読んでいくつかの質問に答えるということを週に2回の授業毎に求めらる。
    加えて絵画の授業も、カルチャー教室(行ったことないので想像)のような緩い雰囲気ではなく「来週までに円柱形のもの(ワインボトルとかペットボトル)を10個スケッチ」だとか…。じゅ、じゅっこ?

    課題が多いということは、先生もその分添削だのチェックだのする義務ができるわけで、学生・先生双方の授業へのコミット具合は一般的な日本の大学のそれと比較にならないと感じた。

    日本の大学時代のインプット・アウトプットの比率を9:1だとしたら、アメリカの場合は5:5だと思うという話を夫にしたら、彼は日本の大学院は3:7くらいだろうと言っていた。アメリカの院の場合はさらにアウトプットの率が上がるだろうと。
    そのほかに、高校の教師は精神的に成熟していない生徒に社会適応のための土台を教え込む「教育者」としての役割が強い一方、大学になると教授・教員は学問という体系的な知識を学生に伝達する、という意味で全く違う。更に大学院まで行くと自分の考え・仮説・理論を学会という媒介を通して社会に発表することを求められる、というようなことを話した。

    「キャンパスライフ」という言葉から連想する生活がこれほど勉強で埋まっていると、卒業する人の差もすごいことになるのではないかと思う。更にアメリカでは勉強だけできても、勉強以外の活動、例えばボランティアだとかインターンだとかスポーツだとかで実績がないと評価されないという。加えて大学の高い学費を払うためローンを組んだ結果破産してしまう人の急増は社会問題のひとつでもある。色々な意味でアメリカの学生は日本の学生よりシビアな条件下にいる。

    全くこれだからアメリカ人は。←お前だよ

    恥ずかしい話。
    先日スペイン語の授業の日に外せない用事があり休んだときのこと。

    「明日休むので何を授業でする予定なのか教えてください」と先生にメールすると、すぐに
    「連絡ありがとう!授業が終わったらメールを送りします」と即レスが入ったが、その後いつまで経っても連絡がこず、次の授業の日になってしまった。
    「全くこれだからアメリカ人は適当なんだから」と思っていたが、悪いことにその日小テストが実施された。これにはイラっとした。
    全く、頼んでいたのにヒドイ、一言言ってやらなきゃ。外国人だと思って、(←被害妄想)とぷりぷりしながら授業後に先生のところに行って、超無愛想な顔つきで「メールもらってませんよね」と話しかけたら先生その場で送信ボックスを確認。あれ、メール、送ってくれてる…。私が気付いてないだけだった?途端に気まずくなる私。
    嫌な感じで詰め寄ったのに、先生は嫌な顔ひとつせず「もしメール届いてなかったら教えてね!よい週末を!」と非常に爽やかな対応。あー、もう!すみませんでした…。

    帰宅後メールボックスをチェックしてみたらちゃんと届いた。穴があったら入りたい気分になった。
    「アメリカ人=適当」という公式をどこにでもあてはめて、なにか不始末があると自分が悪いと思わない自分の傾向が浅はかで恥ずかしい。自己主張は大切だけど主張どころを間違えると只の未熟な人。それがこの日の私でした。

    アメリカ人の価値観

    大学で聴講しているもう一つのクラス、English Composition(英作文)でおもしろいエッセイを読んだ。
    元留学生アドバイザーのGary Althenが書いたAmerican Values and Assumptions
    彼の著作に収録されているらしい。Google Booksで元の本の電子化を発見↓ p.3からのエッセイです。

    American ways: a guide for foreigners in the United States

    このエッセイで彼は、アメリカ社会における価値観はひとつひとつ独立して成り立っているわけではなく、互いに重なり合って存在していると書く。よく言われるアメリカ人の特徴は個人主義、カジュアルさ、直接などだが、これらは全てひとつの親元から生まれるということがこのエッセイを読んで私はよくわかった。こちらに来てからなんとなく感じてたものが線でつながってすっきりした。
    アメリカ人の価値観の親はやはり「Individualism」個人主義です。

    アメリカ人の特徴として挙げられていた例:

  • 子供のときから自立性を重んじられる。例)3才児。手持ちお小遣いを使って今アイスを食べるか、我慢しておもちゃを買うか、親が判断を委ねる
  • 群衆から際立つヒーローを褒めたたえる。例)Chales Lindbergh(大西洋無着陸飛行を達成)、Amelia Earhart(大西洋を一人で横断した初の女性)、Tiger Woods
  • 両親に対しての尊敬心は薄い。両親から産まれたのは”過去に起こった、生物学的な事故”なので成人したら親子間の関係は緩まる。
  • 21歳以上で親と同居するのはあまりよく見られない。自分の住まい代を払うのが独立心・自立心・責任感の表れである。
  • 尊敬から出る行為でも、特別扱いされることを快く感じない。全ての人が同じような待遇を受けるべきと考えている。例)リベラルアートの学長。ショートパンツにTシャツ、教室間を走りまわっている写真がパンフレットに掲載。例2)ブッシュ元大統領。ジョギングの格好で写真を撮られることを好んだ。
  • 効率性を重んじる。To doリストで管理する人は崇拝される。
  • 達成感を求めるので、他国文化の人からはいつもエンジンがかかりっぱなしで辛抱強くなく衝動的だと思われている。
  • 目標を達成し、よく働き、その分たくさんのモノを得ることが成功の証だと教育されている。
  • 就いている仕事によってその人を判断する傾向がある。
  • 基本的にアジア人と比べて感情を露わにするが、話題が極度にデリケートであったり、それほど親しくない関係である場合はその限りではない。

  • 個人主義を親として繋がるさまざまな価値観は全て繋がっている。↓

    あくまで一般論の話だが、改めて表に出る行動と重ねて読むと十分理解できる話だなと思う。目標意識を持って成功を追い求める、ハングリーなアメリカ人というイメージはぴったり合う。

    一点、Assertiveについての記述が、勝間和代さんの本で自分が理解していた意味とちょっと食い違ってた。私の理解では、アサーティブとは唯々諾々と相手に従うのではなく、相手も自分も犠牲にならないような解決策をみつけようとする態度で押しが強いというイメージではなかった。

    The word assertive is the adjective Americans commonly use to describe the person who plainly and directly expresses feelings and requests. (中略)What Americans consider assertive is, however, often judged as aggresive by some non-Americans and sometimes by Americans – if the person reffered to is a woman.

    アサーティブとは、アメリカ人がよく「感情や要求をはっきり・直接的に示す人」のことを表す形容詞である。(中略)アメリカ人がアサーティブとみなす場合、それが特に女性の場合には、非アメリカ人・また時にはアメリカ人からも「押しが強い」とみなされる。

    とりわけ女性の場合に使うと押しが強いという意味とは…。褒め言葉には微妙らしい。