アメリカでフォトブックを作る

日本から帰ってきてあっという間に2カ月。
当初の予定だった一か月の滞在を二週間延長し、心行くまで食べ尽くして日本の夏をエンジョイしてテネシーに戻って来た。
やっぱり故郷はよい。

戻ってきてからも割に色々と動いていた方だと思うが全然記録を書いてなかった。
臨床心理をやってる友達からも、記録することは心理的にもとてもいいと聞いたので、できればこのブログももっと更新したいものだ。
「アメリカでナニしてたの?」「えっ…」ってなっちゃうもんね。

今月オーダーしたフォトブックの話。

日本でフォトブックというとPhotobackが圧倒的にスタイリッシュで人気だと思っているが、アメリカでも似たようなフォトブック制作会社がないかとずっと調べていた。
国際郵便にも対応して便利になったPhotobackは私も大好きでA5版のLifeを過去3回ほど作っているのだが、質がいい分いかんせん高い。
ちょっと色気を出して6色印刷にしたりすると1冊辺り4000円になってしまったりして、そう気軽に頼めない。

わざわざ郵送してもらうのも、ということでそれではアメリカのフォトブックはというと、スクラップブッキングの影響なのか、デフォルトの背景画像がどうもうるさくてハロウィンの写真にはSupernatural!とかAutumn Feast!とかイタリックで書いてあるようなイメージ。(いやそういうのいらないからと思ってしまう私なので趣味の問題です)
あとは厚紙表紙のくりぬきでどうも野暮ったかったり(Picaboo)デコレーションもべたべたと派手なものがほとんどで(ShutterflySmilebooks)、シンプルスッキリ写真が活きるPhotobackのようなレイアウトの本が作れる、そして日本語テキストも対応しているという会社は中々見つからなかった。

でも見つけたよ、Blurb

ここは超おすすめ!
なんでかっていうとレイアウトの自由度が高く、そしてBookSmartというソフトに限り日本語テキストも対応しているから。
おまけにページ数の規定がPhotobackのようにないので、限られたページ数に入るよう写真を選ぶ、のでなく、好きなだけ写真を盛り込めて後から恵ページ数を決定できる。
そしてこのスタイリッシュさを見てくださいよ…。
Blurb – Book Ideas
これだよこれ!求めていたセンスはこっちの方向!

値段も低くて、というか同じ大きさのフォトブックでも表紙の種類(ソフトカバーかハードカバーか)によって数ドル差があるのだがそのレンジが幅広いのでお求めやすいです。(人に配ったり何冊も注文したいときはソフトカバーで、一冊自分用の場合はハードカバーでと使い分けられるので)
Blurbで本を作る方法はいくつかあるのだが、ダウンロードする必要のないBookifyとダウンロードして使うBookSmartが主なものかと。
ただBookifyは日本語対応してません。
日本語OKのBookSmartはBlurbの出してるソフトウェアなので(無料)ダウンロード、インストールする必要があります。

BookSmart起動画面

使い勝手はかなり直観的でなんとなくいじってるうちにできるようになる、という感じです。
私はこの秋の旅行をまとめたフォトブックをBlurbで2冊40Pのものを作りましたが送料を入れても一冊$13ちょっととかなりリーズナブルにできました。
Text Weight Paperだったけれどもかなり綺麗に印刷されており、十分満足のいく出来。

日本にはPhotoback様がいるのであまり意味はないかもしれないけど、一応日本への発送も対応してて、1冊につき一番遅い発送プランで$17ちょっと。高いですね。
ということでPhotoback好きな人でアメリカでフォトブックを作るならぜひBlurbを!という回し者みたいなポストでした。

旅のお供Kindle

いよいよ明朝の便で帰国となり、2か月前から書き溜めていた食べたいものリストが火を噴く日々がやってきました。
意外に前日はパッキングも済んで余裕ができ、さきほど地味にリストを追加したりしていました。
おっしゃー食べるぞー!!!

しかし最後のポストが食べたいものリスト(2か月前)というのも意地汚いので書こう書こうと思っていたKindleの話題がちょうどYahooニュースに出ていたのでこの機会に書いておこう。
いよいよKindleが今年日本に上陸!
アマゾンと楽天、電子書籍端末発売へ 国内市場、活気づくか(J-CASTニュース) – Y!ニュース

去年から2012年という噂はあったのだけどamazon本社からのプレスリリースがあったということで祝!Kindle日本発売!
何を隠そう私は悩みぬいた末一番安い($79)Kindleを買って、結果Kindleは買ってよかったランキング2位に位置付けられているのです。(1位はお掃除ロボットルンバ)
どんなことができるのかはちょっとぐぐれば雨後の筍のようにサイトが出てくるので省きますが、これ読書習慣を変えますよー。

青空文庫青空キンドルのタッグは言わずもがなだし、著作権が切れている英文学も読み放題!英文学ではProject Gutenbergが有名。
単純にAmazon.comからも簡単にダウンロードできます。

私は元々洋書は頑張らないと読めないのですが児童文学ならいけるかと思いこれでSecret Garden(邦題「秘密の花園」わがままな女の子が秘密の庭での鳥や植物とのふれあいを通して明るくなっていく話)を読みましたけど楽しめました。

というのもKindleに元々辞書が入っていて、カーソルを合わせると意味がポップアップで出てくる仕組みなので非常に読みやすかったです。
その辞書もデフォルトをOxford Dictionary of English(イギリス英語)かNew Oxford American Dictionary(アメリカ英語)どちらかを選べるというオプション付き。
地味に凄いですよこれは…

愛しすぎて即刻カバーも作ってしまった。
 
参考にしたYoutube↓(私は中身は厚紙)
Make Your Own Kindle Cover

軽いし人工ライト下でも直射日光のもとでも見やすいEインク、持ちこむ文庫本を読み終わるという恐れもなくなり12時間のフライトのよき友となる予定です。

これから日本でデバイス発売ということで、出版社も電子書籍に幅を広げてくるでしょう。それによってリアルタイムで応援している(要は新刊の度に買って「おもしろいからがんばってね」サインを送っている)作家モリミーこと森見登美彦や道尾秀介、そして安達正勝の本(めったに出ないけど)が発売と同時にアメリカで購入・読むことができるという世界がより間近に迫ってきました。

帰国中食べたいリスト

「小難しくてよくわからない」とよく言われる私のブログですが、今日はアメリカに2年いた食いしん坊は何を食べたいんだろうという疑問にお答えするポストです。私は2010年3月にアメリカはテネシーに渡ってきたので、今度一時帰国する7月を待つと丸2年とちょっとこの国にいたことになります。

アメリカ。
パスタがそうめんの国。
日本食といえばSushiとHibachiの国。
天ぷらを食べながらコーラを飲む国。

今までの人生で29カ国への渡航経験を持つ私ですが、やはり日本の食卓というのは並はずれたレベルの高さであり、日本人の食に対する執着もかなりのものだと感じ入っています。料理もそこまで得意でなくミシュラン星付きレストランを食べ歩くほどの舌を持っているわけでもない、年相応ごく普通の食感覚を持つ私でもアメリカという食の牢獄に2年入ると食欲の権化となりました。

(さらに…)

The Artist -無声映画の魅力

I’m not a puppet, I’m an artist.

久々に映画館に行って観た映画が大当たりだったのでこれを書かずにはおれない。
フランス発の無声白黒映画と聞いて、なんだか小難しい抽象的な話だったらいやだなと思ったのだがとてもわかりやすい、心が温まる映画でした。
アカデミー賞で5冠を獲り、「仏映画史上最多の賞を獲得した」というニュースも全く知らなかったが、これほど褒め称えられるというのは観ればわかります。
(トレイラーはなんだかタップダンスの映画みたいだけど、そういうわけでもない)

私はかろうじて白黒映画を観たことがあるだけで一回も無声映画は観たことはないけれど、この映画は無声映画だけが伝えられるものが確かにあるよと証明しているような気がする。技術的に劣ってしまっている点では同じだけど、いまや誰も使う人はいないポケベルではなく、今も愛好家がいる二眼レフのような存在というか。

主演俳優はフランス人なのだが、チャーミングな笑顔で裏表がなく誰にでもきさくな大スターといういそうでいなさそうなタイプがものすごくうまかった。この彼は商売柄笑顔は大得意なんだけど、スタッフ・共演者に向ける人当たりのいい笑顔、絶望のどん底にあるときの笑顔とみじめさに打ちのめされたときの笑顔、そしてたった一回だけ見せる泣き笑いの笑顔が見事にばらばらで、あほみたいな感想だけど役者ってすごいなー。
アカデミー賞主演男優賞初のフランス人俳優だそうです。

私は知らなかったのだが無声映画というのは無音なのではなく、ただ人の声だけが聞こえない映画だ。俳優がしゃべる口パクの動きの後にセリフが黒背景に白い文字で字幕のように出て、背景にインスツルメンタルの音楽がずっとかかっている、という感じ。
ある場面でそれまでかかっていた音楽もなり止みシーーーーーンとする箇所があるのだけど、そのときは身じろぎも忘れて引き込まれてしまった。このときの感覚と比べると、今の映画はBGMに爆発音に金切り声、と音にあふれていると実感する。音量が大きい方が心に届くとは限らないし、声が大きい人の方に人が集まるとは限らないんだね。

続きはネタばれ含むグダグダ
(さらに…)

グアテマラ便り #7 ~帰国して

グアテマラ便りも#6まで続き、来る前はまさかこれほど書けるとは思ってなかった。
というのもこれまで私が訪れた場所全てにおいてwifiに苦労する場所がなかったので、どこからでもネットに繋げて文章だの写真だのをアップロードできたのであった。

計三週間の滞在だったがその中で気づいたのはグアテマラでがんばっている日本人がたくさんいるということ。
今回の旅でご縁があったサービス・ホテルだけで

  • ハポンテナンゴ@グアテマラ・シティの日本人宿
  • タカハウス@ケツァルテナンゴ(シエラ)の日本人宿兼スペイン語学校
  • カラカサ@ケツァルテナンゴ(シエラ)の居酒屋風日本食レストラン
  • カブキ@アンティグアの日本食レストラン
  • (開店時間にかぶらなかったけど)コロッケバーガー屋さん@サン・ペドロ・ラ・ラグーナ

…と並ぶ。
あとはケツァルテナンゴで会った恭平さんが仲間とまさに今立ち上げに奮闘しているオンラインスペイン語講座サイトであるスパニッシーモも。

(さらに…)