かんたんお菓子

下手すぎるヘタスコーン

連休の初日なのでゆっくり起きて、朝から何か焼きたくなったので白崎裕子「かんたんお菓子」からヘタスコーンのバナナ。熟れすぎてたバナナがちょうどあったので、ヘタスコーンのレシピの最後にバナナ半分をまぜ入れてみた。豆乳となたね油を混ぜて乳化の力を使うのがこの本でよく使われてる方法なのだけど、カホクのなたねサラダ油が切れてしまったので相馬市のふるさと納税返礼品としてもらったなたね油を使用。カホクの無臭なのに慣れてるとこってりした油っぽい匂いが気になるけど焼いたら全くわからない。にしてもヘタスコーン、どんなに下手でも狼の口が開くという簡単さからのネーミングみたいなんだけど私の場合下手すぎてソーダブレッドみたいな様相になってしまった。でもまあ食べてみたら焼き立てなのもあり美味しかったです。

付け合わせに今年初めて買ったアイスプラント、トマト、それとちょっとゴージャス版のオムレツでした。