カレー

カレー鍋

引っ越し前の冷蔵庫一掃の夕飯。、

それにしても家にある全ての「食材ストック」を1つの箱に集めるととんでもない大きさになってしまった。麺や乾物、調味料、粉類、砂糖、缶詰、呆れ返る量です。きちんと消費してから新しいものを買わないとね。当分このストックをもとに献立を組み立てよう、、。

カレー

いつも通りクミンを油としょうがとにんにくで炒めて玉ねぎを加えてという手順の甘口カレー。最後にレシピ本を見てからだいぶ自分流になっちゃってるからか、めちゃめちゃ美味しいわけではないけど普通に食べられる、という中途半端な位置づけになってしまった。

カレーといえば今すごくホットクックという電気鍋が気になっていて、大きさは半端なくでかいけども無水鍋で、予約調理ができて、煮込み系の料理がすごく美味しくなると聞いて無性に欲しくなっている…。増税もするしね。LAN接続できるとかってこれはスマート家電にはならないのかな?サイトにはそう書いてないんだけど。いいなあ、欲しいなあ。

でも大きさがな〜〜〜〜!(あと普通に高い

久々にはるみさんのにんじんサラダセロリ入りと、ツルムラサキとハムのおひたし、加えてカレーにはマストのらっきょうという夕飯でした。

やっと夏休み終わった!!!!!㊗️

カレーライス

よくカレーって、「今日のごはんめんどい。カレーでいいや」みたいな文脈で使われますけど私にとっては普通に大事業ですけどね。野菜洗って切って炒めて。ごはんも炊かなきゃいけないし。でも今回は冷蔵庫の中にたまってた調理済みの具材をぶっこんで始末できたのでほんとによかった。

もうクミンがなくなっちゃったのでいつもの作り方はやめて顆粒和風だし、そしていつもトマト缶を入れるけどそれもやめて多目に甘口ルーを入れて、できたのはカレーうどんにかかってそうな和風のカレーでした。

うま

あとは冷奴と昨日の残りのロールキャベツ(レトルト)、、固いものが一個もなかったな!らっきょだけか!

豚ロースのカレー

子らが食べられないから甘口のルーではあるんだけど、あらかじめ多めのサラダ油でみじん切りのしょうが、にんにく、そして粉クミンを炒めて、そこに玉ねぎの薄切りも入れて20分以上弱火で蓋して炒めるという芸当をしてからトマト缶、水を入れて煮込むと甘口ルーでも物足りなくならないし子どもも食べられるのよ。クミンが相当いい仕事してくれる。レシピは昔借りた「濱田美里のおうちカレー」のアレンジです。この蒸し玉ねぎがポイントだそうで、とりわけほうれん草カレーが美味しいよ。

良心的副菜に小松菜と厚揚げの煮物。簡単にめんつゆでした。作りたてだからあったかかったけど、これ冷たい方が好きだなあ。暑くなってきたからか。

あと夫が冷奴をささやかに追加していた。

ほうれん草のラザニア

きのうなに食べた?の公式レシピ本の表紙がこの2人の思い出メニューのほうれん草のラザニアなので、手に取った時からそりゃもうずっっっっと食べたかったわけです。でラザニア買ってほうれん草買って、作るエンジンかかったところでトマト缶が無いというね。ああ!缶詰の在庫管理が下手すぎて白桃缶が3個もあるのにトマト缶がゼロなのに気づかず…バランス悪すぎでしょ〜。仕方ないので生のトマトを2個湯むきして投入してから適当に水とトマトケチャップを入れてあとはレシピ通りコンソメとタイム、オレガノをイン。ホワイトソースは2倍量で作って、ラザニアは10枚茹でた。四角い耐熱皿はなくて丸いから隅の方がはみ出しちゃってるところが固くなるのね。

何枚も内容を重ね重ねしたのでかなりどっしりした一品になりました。だまだまのホワイトソースだけど生っぽくて美味しい。缶詰のも好きだけどね。

ひとつひとつの作業は単純だけど、ほうれん草茹でたりラザニア茹でたりホワイトソース作ったりで鍋がのべ4回以上必要っていうのは普通の料理と比べてかなり多いところが確かに手のかかる料理だと思うわ。最新刊で二人のクリスマスメニューから姿を消してしまったラザニアだけど、たまには食卓にのぼって「久々に食べるとやっぱりうまいな」「ほんとだねシロさん」なんて会話を繰り広げて欲しいですね。